Mac のための Full Frame
写真をインポートしたりメタデータを編集するのに最適です。
Full Frame は、カメラから Mac への写真のインポートと閲覧を迅速に行う専用アプリです。カメラだけでなく、メモリーカードや iPad、iPhone もご使用になれます。Mac のフィルシステムや外付けドライブ・ストレージに直接保存することも可能です。データベースやライブラーを作成する必要もありませんし、クラウドを介する必要もありません。必要なものは、ファイルだけです。
サムネール表示で総覧をご覧いただけます。
メモリーカード、カメラまたはフォルダー内の全ての写真とビデオを表示します。待ち時間なく、全てのファイルをスクロールで確認できます。迅速かつ軽快です!インポート、削除もしくは編集したい写真をお選び頂けます。新しい写真だけを、ワンクリックでインポートできます。作成日または編集日、ファイル名、ファイルサイズによって写真を並び替えることができます。
スライドショー表示中の写真を拡大表示できます。
スワイプ操作で、ページをめくるように写真やビデオを閲覧できます。保存したいものはすぐに Mac や外付けドライブ・ストレージに保存し、削除したいものは、すぐにメモリーカード・カメラから削除できます。
メタデータを表示し編集できます。
Full Frame には充実したメタデータ編集・表示機能が装備されています。メタデータの編集・削除、もしくは、新しいメタデータの添付が簡単に行えます。
インポートと同時に、メタデータプリセットが自動的にメタデータを追加します。
インポート時に、メタデータプリセットが自動的にメタデータを添付したり取り除いたりします。お好きなようにメタデータの添付・削除が出来ます。自分でルールを設定した場合は、すべての写真に適用することも、その情報を含まない写真にのみ添加する形で適用することもできます。
お好きなように、写真とビデオの名前を変更できます。フォルダーを作成して、そこに保存することも可能です。
カメラが作成したファイル名でインポートします。ルールを設定すると、それに従って自動的にファイル名がつきます。撮影日を元にファイル名をつけたいですか?問題ありません。ルールを設定すればフォルダー作成も可能です。この機能を使えば、同一フォルダー内にある複数のファイル名の一括変換が簡単に行えます。まずコピー先のフォルダーを選択します。ファイル名ルールを設定すれば、あとは「コピー」クリックするだけです。
他にもいろいろ
  • RAW フォーマットも使えます。
  • 選択、インポートと削除が、ショートカットキー一つでできます。
  • インポートが、新しい写真全てを一括で、もしくは、インポートしたいものをだけを選んで行えます。
  • コンピューターにカメラを接続したまま、新しく撮った写真やビデオを見ることができます。
  • 最近使用したフォルダーへの素早いアクセスー Full Frame が記憶しています。
  • ファインダーから、直接 Full Frame を開くことができます。Mac のサービスを使用している他のアプリからも Full Frame を開くことができます。
  • ビデオの再生は、サムネイルとスライドショー表示のどちらででも可能です。
  • ファインダーへのドラッグ&ドロップでインポートできます。 
Full Frame 1.5 の新機能
  • スライドショー表示機能を大幅に改善しました。特に、RAW 画像を表示する際の機能性とスピードを向上しました。
  • スライドショー表示の最大倍率が 400% から 800% になりました。
  • ショートカットキー (⌘L) を使用すると、表示倍率を指定するテキストフィールドにカーソルが移動するようになりました。
  • すべてのリリースノート
Full Frame は無料でお試しいただけます。インポートと削除、保存は各々 100 アイテムまで無料です。それ以上のご利用には、それぞれ 600 円で、さらに 100 アイテムずつご購入いただくか、3,600 円でロックを解除して、ご利用を継続いただけます。